本サイトは日本向けです。
This site is for Japan.

  • Twitter
  • Facebook

表彰

最優秀選手
打率
.317
本塁打
15
打点
25
防御率
3.00

セ・リーグ打撃2冠の活躍に加え、ポストシーズンでも9本塁打、19打点と大活躍。
SMBC e日本シリーズでは2戦とも決勝点を挙げるなど、チームの日本一に大きく貢献し受賞となりました。

舘野選手のコメント
今季のeBASEBALLは昨年以上の大変な盛り上がりで、その中で栄えあるMVPに選出いただき本当に光栄です。現地や配信で応援してくださった方々をはじめ、全ての関係者の皆さんに感謝したいです。
そして何よりも、3人のチームメイトのお陰で日本一という目標を達成することが出来ました。打てない試合も負けた試合もあった自分がMVPを取ることが出来たのは、4人全員の力です。ご声援ありがとうございました!
Best Proleague Player
プロリーグランキング
1位

今シーズンは両リーグ唯一となる6戦全勝を達成。最多本塁打に加え、防御率も最優秀の2名に次ぐ3位。投打共に安定した高い成績を残しました。

指宿選手のコメント
昨季不甲斐ない成績で、悔しさだけが残りました。その為、今季は『絶対的存在になる』ことをテーマに練習を重ねてきました。
1年間辛い時期が殆どでしたが、耐えて良かったと心から思います。
『バファローズで戦いたい』 『指宿を倒したい』とプロを目指す方が1人でもいて下されば、嬉しい限りです。
来季のルーキーやリベンジに燃えるプレーヤーの活躍が楽しみで仕方がありません。
沢山のご声援ありがとうございました。
  • 最優秀選手、Best Proleague Playerは、セ・リーグ、パ・リーグの全選手の中から、1名が選出されます
首位打者

岸川 虎太朗

阪神タイガース岸川 虎太朗
打率.375

4割5分以上のミート打率に加え、強振でも3割に近い打率を残しました。直球・変化球どちらにも強く、出塁率でも1位の成績を残しました。

岸川選手のコメント
自分の大好きな阪神タイガースでタイトルを取れたとこが何よりも嬉しいです。
プロリーグという大きな舞台でもいつもの自分に近いプレーを出来たことがタイトルに繋がったのかなと思います。
また強振、ミート、ストレート、変化球、得点圏と全てにおいて高い打率を残せたのは自信になります。
この結果に慢心するのではなく、来年以降はこの確実性を保ちながら更に長打力も上げていきたいです。
最多本塁打

舘野 弘樹

読売ジャイアンツ舘野 弘樹
本塁打15

強振使用率は今季も100%。衝撃的な開幕先頭打者からの4連続本塁打に始まり、出場した6試合中4試合で15本の本塁打を放ちました。

舘野選手のコメント
全試合での一発は果たせなかったのですが、目標だったタイトルを獲得できたのは素直に嬉しいです。ホームランは野球・eBASEBALLの華だと思うので、これからも気持ち良いホームランを打ち続けます。
最多打点

舘野 弘樹

読売ジャイアンツ舘野 弘樹
打点25

リーグ1位の強振打率でOPSは1.181を記録。その打点の大半を本塁打で奪う豪快な攻撃で最多本塁打との2冠を達成しました。

舘野選手のコメント
今シーズンは得点圏であまり打てなかったのですが、ホームランを狙い続けた結果として打点がついてきてくれた感覚です。特にスワローズ高良選手との開幕戦で打てたことが大きかったので、同時受賞には不思議な縁を感じます。やっぱり打点は勝利に直結する要素なので、タイトルを獲得出来て光栄です。

髙良 匡史

東京ヤクルトスワローズ高良 匡史
打点25

本塁打数は舘野選手に次ぐ13本。高い強振打率とヤクルトの強力な打線を存分に活かし、長短打織り交ぜた攻撃で打点を伸ばしました。

高良選手のコメント
まず最多打点を獲得するにあたり、リーグ戦最終節に私を信頼して個人6戦目を託してくれたチームメイトに感謝しかありません。
打撃タイトルは今シーズンの目標でもあり、特に打点は多く稼ぐ=勝利に繋がるものですので、受賞出来るほど打てた事に大変満足しております。
しかし、「あの場面で打ててれば勝てた」試合があったので、今後更に確実性を高められるよう精進してまいります。
最優秀防御率

大茂 英寿

横浜DeNAベイスターズ大茂 英寿
防御率1.08

高いナイスピッチ率を武器に、出場5試合で失点はわずか3点。しかもファインプレー率が0%と、相手を完全に投球でねじ伏せての初受賞です。

大茂選手のコメント
最優秀防御率は1番目標としていたタイトルなので、獲得できて非常に感激しています。また、セ・リーグのこのタイトルを、ベイスターズのプレイヤーが2年続けて獲得できたことを嬉しく思います。このタイトルを獲得できたのは自分だけの力ではなく、強い能力を持ったベイスターズの選手方、支えてくれたチームメイト、そして応援してくださった皆様のおかげだと思っています。そういった方々に本当に感謝をしたいです。
最多奪三振

大茂 英寿

横浜DeNAベイスターズ大茂 英寿
奪三振10

昨シーズンから2年連続の受賞。セ・リーグ1位のナイスピッチ率と緻密な配球で、相手に的を絞らせない投球術は今シーズンも健在でした。

大茂選手のコメント
今シーズンも最多奪三振のタイトルを獲得させていただき、非常に感激しています。まさか2年連続で同一のタイトルを獲得できるとは思っていなかったので、自分自身とても驚いています。ただ、こういったタイトルという形で、自身のプレイングを評価していただけたことを、本当に嬉しく思います。
今回のタイトル受賞を支えてくれたチームメイトや球団関係者の方々、そして応援してくださった皆様には感謝しかありません。
首位打者

井上 将旭

東北楽天ゴールデンイーグルス井上 将旭
打率.370

ミートと強振をほぼ半分ずつ使い分けつつ、共に打率が3割5分以上というハイレベルな打撃を披露し、2年目での初受賞となりました。

井上選手のコメント
首位打者は自分が1番取りたいタイトルでもあり、2018年シーズンは2位で悔しい思いをしていたので、タイトルを獲得できて非常に光栄です。
自分の力だけではなく、練習につきあってくれたチームメイト、応援してくださった方々の声援があって取れたタイトルです。
本当にありがとうございました。
2019年シーズン首位打者の名に恥じないプレイを続けられるように頑張っていきます。
最多本塁打

緒方 寛海

埼玉西武ライオンズ緒方 寛海
本塁打11

2年連続の受賞。序盤はやや打ちあぐねたものの、第5節に昨季の輝きを取り戻し4本の固め打ち。最後まで最強打者の座を譲りませんでした。

緒方選手のコメント
我々西武ライオンズの魅力といえばやはり強力な打線だと思います。チームの強みを存分に活かし、ホームランを数多く打てたことを嬉しく思います。今シーズンも一発に助けられた場面も多かったですし、一発にないた場面もありました。試合の流れを一転させることができるのが、野球におけるホームランの醍醐味だと思っているので、このようなタイトルをいただくことができ、とても光栄です。

指宿 聖也

オリックス・バファローズ指宿 聖也
本塁打11

今季出場した6試合全てで本塁打を放ち、安定した得点力を見せました。ここ一番の勝負強い打撃で、1安打勝利などの印象的な勝利を掴みました。

指宿選手のコメント
タイトルを取ることと、勝ち越すことを最低限の目標としていたので達成できて非常に嬉しく思います。
西野選手や小田選手といった俊足巧打の選手でもHRを打つのは練習でも出来なかったので、普段以上の力が出せました。
勿論単独で取りたかった気持ちもありますが、 緒方選手と同時受賞なのは光栄です。
開幕前から掲げていた『超攻撃型』の野球ができたと思います。バファローズの強さを感じて頂けたなら幸いです。
最多打点

緒方 寛海

埼玉西武ライオンズ緒方 寛海
打点27

リーグ1位のOPSとリーグ2位の打率&得点圏打率。何より、勝っていても追加点を貪欲に狙っていく攻撃的なプレイで2年連続の受賞です。

緒方選手のコメント
私が試合に取り組むにあたり、最重要視しているのがいかに多く点をとるかということです。貪欲に得点を狙い続けた結果、このようなタイトルをいただけることになり非常に嬉しく思います。今シーズンは強振だけでなく、ミート打ちによってしぶとく得点を重ねる場面もありました。様々なパターンで得点することで、より相手によりいやらしさを感じさせる打撃ができたのかなと思います。この度はこのようなタイトルをいただき、本当にありがとうございます。
最優秀防御率

三輪 貴史

東北楽天ゴールデンイーグルス三輪 貴史
防御率1.13

開幕から3試合連続完封と最高のスタートを見せ、強打者との対決を制した今シーズン。要所を抑える勝負強いピッチングで初受賞です。

三輪選手のコメント
多くのプロプレイヤーがいる中で最優秀防御率のタイトルを取れた事を大変光栄に思います。
僕は昨年は防御率が7点台でしたが、今年は1.13と大幅に改善できたという点で自身の成長を感じる事ができましたし、球団の看板を背負ってやらせていただいておりますので、その中で1つ成果を出せた事は大変嬉しく思います。

下山 祐躍

千葉ロッテマリーンズ下山 祐躍
防御率1.13

リーグ2位のナイスピッチ率で安定した投球を見せ、失点は5試合でわずか3。得意の投球で試合を制し、リーグ優勝を手繰り寄せました。

下山選手のコメント
投球に磨きをかけ、相手の心理を読む練習などの努力を積み重ねた成果がようやく出たと思っています。
投球こそメンタルだと思っており、どんな状況でも同じメンタルで試合に挑めたことが今回の受賞につながったと思います。
また、シーズン中厳しい場面での出場の際、メンタルが崩れそうになった時支えてくれた妻と娘の存在が何よりも私の力になってくれました。只々感謝しかありません。
最多奪三振

高田 和博

東北楽天ゴールデンイーグルス高田 和博
奪三振10

リーグを変わった今季もピッチングの安定感は変わらず。5試合の出場ながらも10奪三振を記録し、タイトル初受賞です。

高田選手のコメント
最高の舞台で最多奪三振という素晴らしい賞を獲得することが出来てとても光栄に思います。野球は奥の深い競技ですが、花形は特にホームランと奪三振だと思うからです。それは勿論パワプロにおいても同じだと思います!
イーグルスの投手力の高さと自分の持ち味がうまく噛み合った結果であり、とても自信になりました。
投手起用を自由にさせてくれたチームメイトに感謝しています。このチーム、仲間たちだったからこそ獲得できた賞だと思います。
また応援してくださる方々やeBASEBALLに携わってくださった方々の力なくしてこの賞はありません。心よりお礼申し上げます。
2019年シーズンをイーグルスでプレーできたことを心から誇りに思います!!
沢山の御声援ありがとうございました。
eBASEBALL プロリーグ

2019

1234567890,.:ABCDEFGSKLNORV閉じもっと見る登録す詳細送信戻!年月日火水木金土()・祝

1234567890,.:ABCDEFGSKLNORV閉じもっと見る登録す詳細送信戻!年月日火水木金土()・祝

選手()広島東洋カーブ阪神タイガース横浜DeNAベイスターズ巨人読売ジャイアンツ中日ドラゴンズ東京ヤクルトスワローズ福岡ソフトバンクホークス埼玉西武ライオンズ東北楽天ゴールデンイーグルスオリックス・バファローズ北海道日本ハムファイターズ千葉ロッテマリーンズてぃーの舘野弘樹タテノヒロキたいじ吉田友ヨシダユウころ高川健カガワケンゴジラ大寺量亮オリョスイ倉前俊英クマエトデピ恭兵ヘTKD和博ズえぞひぐま 良匡史サフミゃむ~髙羽宏バナモ茂寿ゲAO河合祐哉ヤベルッ辻平ツ森翔真ねお三輪貴okd岡郁斗MS井上将旭アビュ木滑達也メING鴇JY戦士及裕BW泰広神谷徳なで緒方寛海みっすん指宿聖ブセち村智ム清敏稀下山躍さらく好航太郎コ加賀颯ソtel渡邉輝どぅけ坂東秀憲ドぶ菅原う久吾か新宇れ脇直希泉伊勢家雄次小早めし藤本洋介U誉典R佐彬★岸虎朗や相澤一ザ拓と松成悠あも町隆チゆ柳ギ石弥N-!ふがm.び